【nail座学】爪の構造と働き

ネイリストの大下です*


爪の構造と働きは、ネイル技術を提供するネイリストが知っておくべき基礎知識です。

これを知らなければネイルは始まりません。


爪の基礎知識

爪は皮膚の表皮層から爪母によって作られ、角質化したものです。

爪は、表皮の角質層が3層に変化したもので、この3層の薄い層の間に最低限の水分と脂肪(0.15~0.75%)を含んでいます。爪の水分は12~16%(健康な成人の場合)で、季節や環境、年齢によって異なります。また、爪は加齢的変化で、より厚みを増して、成長スピードが遅くなる傾向にあります。季節的変化では、冬よりも夏の方が速く伸び、健康な成人の爪の成長スピードは1日約0.1mmです。

 

爪の各部名称

ネイルマトリクス(爪母:そうぼ)
爪甲を形成する部分で、血管と神経が通っている。
爪甲は一生作り続けられ
伸び続ける。

ネイルフォルド(後爪郭:こうそうかく)
爪甲を根元で固定している皮膚の部分。

サイドウォール(側爪郭:そくそうかく)
爪甲の左右に接している皮膚に
覆われている部分。

エポニウムorキューティクル(爪上皮:そうじょうひ)
後爪郭を保護し、細菌やその他の異物の侵入を防ぐ皮膚の部分。

ルースキューティクル(爪上皮角質:そうじょうひかくしつ)
爪上皮から発生し、爪甲の表面に付着
している角質の部分。

ルヌーラ(爪半月:そうはんげつ)
ハーフムーンとも呼ばれ、爪甲の根元に見える半月型で乳白色の部分。
後爪郭に覆われていない爪母で、新生した爪甲であるため水分含有量が多く白く見える。

ネイルルート(爪根:そうこん)
爪甲が作られた根元部分。皮膚の下に
ある爪甲の根元(後爪郭に覆われていない下部)にあたる。

ネイルプレート(爪甲:そうこう)
通常「爪」と言われる部分で、厚みは
約0.3~0.8mm。爪は皮膚の付属器官であり、硬いケラチン(たんぱく質)からなり、大切な指先を保護している。

サイドライン(側爪甲縁:そくそうこうえん)
爪甲の左右の側面の際。

ネイルベッド(爪床:そうしょう)
爪甲がのっている台にあたる部分。爪甲は爪床に密着してのっているだけで完全には固定されていない。

イエローライン(黄線:おうせん)
爪甲が爪床から離れないように
している、黄白色を帯びた弓状の線。

ハイポニキウム(爪下皮:そうかひ)
爪甲の下に細菌その他の異物が
侵入するのを防いでいる皮膚の部分。

ルースハイポニキウム(爪下皮角質:そうかひかくしつ)
爪下皮から発生し、フリーエッジの裏に
付着した角質の部分。


フリーエッジ(爪先:つめさき)
爪甲が伸びて爪床から離れた部分。水分含有量が減少するため不透明に見える。

ストレスポイント(負荷点:ふかてん)
イエローラインがサイドラインに接する点。

 

すべての名称を覚え、それぞれの部位がどのような役割を果たすのか理解しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。