【nail座学】グリーンネイル<緑膿菌感染>

ネイリストの大下です。

近年、ジェルネイルでおしゃれを楽しむ人が増えていますよね。
最近では男性もネイルアートを楽しんでいるとか。

 

緑膿菌感染(グリーンネイル)

ジェルネイル経験者で最も多いのがグリーンネイルです。
単に緑のデザインではありません!

爪の病気のことです。知らないと怖い爪の病気。

今回はグリーンネイルについてジェルネイルユーザーが知っておくべきことをご紹介します。

1.グリーンネイルとは

グリーンネイルとは、緑膿菌の感染によって黒緑色になってしまった爪のことをいいます。

病原性が低いため、健康を維持していれば感染することはほとんどありませんが、グリーンネイルに関しては、悪因子が重なれば健康な方でも緑膿菌感染を引き起こす場合があります。

グリーンネイルが起こりやすい梅雨の時季は、お客様に早めのメンテナンスをおすすめしましょう。

高温多湿の時季は、グリーンネイルの色素の変化も早くなります。

2.グリーンネイルの症状

爪の変色。くすんだ緑色、酷くなると茶色っぽくなることも。痛みはありません。

その為、発見が遅れることも少なくありません。

3. 緑膿菌とは

緑膿菌は水まわり、土の中、人間の大腸の中にも常在する細菌です。

出典:https://coopervision.jp

緑膿菌の出す代謝物の色が「緑色」なので、『カビ(真菌)』と、勘違いされやすいのですが、緑膿菌は細菌です。爪甲に緑膿菌が増殖しても、全身の感染症を引き起こすことはありませんし緑膿菌だけだと爪から爪へとうつることもありませんが、爪の衛生と健康のために、早く改善しましょう。

4.グリーンネイル発症時の対処法

変色を確認したらネイルサロンで適切な除去をした後(ジェルがついている状態ではお医者さんも診断できません!)、皮膚科に行くことをおすすめします。軽度のものであれば表面を少し削れば色がなくなることもありますが爪の表面ではなく爪と指の間に菌が繁殖している場合もあります。

また、健康な方には無害な常在菌ですが、免疫力が低下している方は感染・発症する可能性があります。爪の病気は他にも様々なものがあります。

他の病気と併発している可能性も考えて、きちんと専門医に診てもらいましょう。

出典:https://www.huffingtonpost.jp/michiko-sakane/doctor-placement_a_23310146/

 

ただし、お医者さんがジェルネイルというものを知らなかったり、グリーンネイルの存在を知らない場合もあるそうなので、適切なお薬を出してもらう為に「緑膿菌が繁殖しているかもしれません。」と、一言伝えてみるのも良いですね。

5.グリーンネイルが発症する原因

爪が緑色に変色してしまう「グリーンネイル」は、爪の組織にカンジダ菌が感染して起こる爪カンジダ症が原病となり、二次的に緑膿菌感染してしまう場合が多いようです。緑膿菌は感染すると爪が緑色に変色してしまうことがあります。それにより、グリーンネイルと呼ばれています。爪が何かの病気にかかって傷ついたり、爪が常に湿っている状態の場合でも、グリーンネイルが起こりやすくなります。 

また、マニキュアやジェルネイルをつけていて、浮いてしまったり少し剥がれてしまった場合、爪とジェル(マニキュア)などの間に隙間ができ、水が溜まりやすくなります。水が溜まり、湿った状態のまま放置すると菌が繁殖しやすくなってしまうので、水仕事が多い方はグリーンネイルにかかりやすいでしょう。

※特に梅雨のシーズンは湿度が高いので要注意です。

6. 治療期間について

ジェルやマニキュアなど何もつけずに乾燥させた状態で、2週間以上放置すると菌の繁殖は少し防ぐことはできます。しかし、完全に菌がいなくなるわけではありません。緑膿菌は抗生剤が効きにくい為、病院に行き、処方された抗生剤を最後まで服用しましょう。

変色した部分が伸びきってからネイルを再開しましょう。爪の伸び具合は1日約0、08~0、12mmと言われています。伸びるスピードや浮き、折れやすさ、全て個人差はありますが爪が生え変わるのに3ヶ月から半年程はかかります。

7.グリーンネイルの予防法

①爪を濡らしたままにしないこと

②浮いたまま放置しないこと

こまめにケアを行い、ジェルなどの人工爪が浮いてしまったら早めにオフして細菌の繁殖を防ぎましょう。

③信頼できるお店で施術をすること

甘皮を必要以上にとりすぎても最近感染しやすくなります。

技術は当然、衛生管理にも力を入れている安心できるサロンにしましょう。

8.ジェルネイルとの上手な付き合い方(まとめ)

ジェルが伸びてきたら放置しすぎず、3週間~1ヶ月程で付け替えることをお勧めしましょう。もし浮いてきたりかけてしまったり、なにか異変を感じたらすぐにネイルサロンでお直しもしくはオフ(除去)をしてもらう。ネイルを楽しむ為には健康な爪であることが大切です。

※グリーンネイルは施術不可です。

お客様の自己責任などと言い、施術をする方もいるそうですが、NGです。どれだけお客様にお願いされてもお客様の爪のためにお断りしましょう。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。