【nail座学】ネイルサロン環境

ネイリストの大下です*

ネイルサロン環境

お客様がネイルのサービスを受ける環境は清潔かつ快適である事が大切です。
また、そこで働くネイリストにとっても安全な環境を保てるように心掛けましょう。

ネイルサロンの環境の基本


ネイルサロンを清潔かつ衛生的に維持する事はプロとしての義務です。

日々の清掃は、壁・床・テーブル・用具等すべて必要です。また使用する用材の適切な処理方法も身につけて、より良いネイルサロンになるように管理しましょう。

1、換気    

ネイルサービスに使用する用材には、揮発性のものあるため、ネイルサロンでは換気できる設備が重要です。

ネイルサービス中に発生するネイルダストは粒子が細かく、空気中を浮遊します。ネイリストやお客様が吸引しないように設備が必要です。

・換気口付きネイルテーブル

・卓上集塵機 ・集塵フィルター

 

自然換気 ドアや窓を開け、空気の流動を利用して空気を入れ替える。
機械換気 換気効率を一定に保つため、換気扇や空気洗浄機によって強制的に行う。

 

2、防臭  

揮発性溶剤に対して、適切な保管と処理を行いましょう。

・揮発性溶剤は、使用しない時は、容器の蓋を閉めておく事。(ポリッシュリムーバー、モノマー、消毒用エタノール等)

・揮発性溶剤を使用した後のゴミは、必ず蓋つきゴミ箱等に捨てる事。

・空気清浄機の使用。

 

3、用材の管理   

ネイル化粧品、用材、消毒剤等は、消防法で定められた保管数量を厳守しましょう。

保管上の注意

・火気厳禁

・保存時間

・直射日光を避けて、涼しい場所に保管する

・高温多湿を避ける

・落下防止、転倒防止。

 

4、給排水   

ネイルサービス中に発生するダストや用材がネイリストやお客様に付着した場合、流水による洗浄が必要です。また、用具の衛生管理のためにも給排水施設が必要です。

・給排水設備がネイルサロン内にない場合は、簡易洗浄設備(移動式給排水機)も選択肢の一つです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。