ネイリストのお仕事内容とは?

こんにちは、Nail Senseiです。

今回は、ネイリストのお仕事内容についてお話します。

ネイリストの仕事は、人の爪や手を美しく見せたり、爪にアートを施し楽しませるスペシャリストです。

紹介していきます。

 

技術の種類

ネイルケア

爪の形を整えたり、甘皮のケア、表面を磨いたりの手入れを行うことです。

カラーリング

爪にマニキュアを塗ることです。

ネイルアート

爪に色々なデザインを施す、カラーやストーンをつけたりなどがあります。

リペア

傷んだり欠けた爪の補修や修復をすること。

ジェルネイル

今一番主流である技術がジェルネイルです。ジェルネイルが主流になった理由としてはジェルネイルの便利さ手軽さにあります。

・持ちが良い(2~3週間平気でもつ)

・ガラスのように美しい。ツヤツヤの持続

・爪の強度がアップするので綺麗に伸ばせる

・乾くの(硬化)が早い

など、本来のマニキュアより持ち・手入れの頻度が断然に楽になり今ではジェルネイルが主流になりました。

 

接客・お客様の要望をヒヤリング

ネイリストの仕事は、お客さまの要望をヒアリングすることから始まります。具体的に「こんな色にしたい」「こんなアートをしたい」という要望を持って来店するお客さまもいますが、イメージが固まっていないお客さまもいます。

そんな方に対しては、うまく会話の中からお客さまの好みの色やデザインのテイストなどを聞き出して、デザインを提案していきます。服装や持ち物を見て、お客様の好みを察知する力も求められます。

施術中は、お客さまとのコミュニケーションも大切です。お客様が心地よくネイルの時間を楽しんで頂くためにも、ネイリストの接客力が求められます。接客力で次の来店につながることも多くあります。

最後に簡単なハンドマッサージをサービスで行う場合もあります。

ネイルサロンのスタイル

ネイリストの勤務先として最もメジャーなのは、ネイルサロンです。

最近のネイルアートブームによって、ネイルサロンの数は増えているものの、その規模は大手チェーンから1人で経営する個人店までさまざまです。

また、美容室やエステティックサロンの中に併設されているネイルサロンに勤務するケースもありますし、結婚式場などでブライダルネイルを施術することもあります。

大型ネイルサロン例

プライベート個人サロン例

 

まとめ

技術を身につけ、お客様に「かわいい」をかわいいを提供する。お客様は、爪を綺麗にお手入れ・アートを施すことで気分が上がったり、爪が割れずに過ごしやすくなります。

それだけではなく、お客様に似合うネイルを提案したり、お客様からプライベートの相談を受けたりなど接客もネイリストとしてのお仕事の1つになります。

どちらにもネイリストとしてのやりがいがあります。本当に素敵なお仕事です。

 

  1. この記事へのコメントはありません。